シャンプーの違いとは?

GBtreatment1

こんにちは、渡辺です。

今回はお客様からよく質問があるシャンプーについてお話しさせて頂きます。

 

皆さまが普段使っているシャンプーはどのようなものを使っているでしょうか?              現在では色々な種類のシャンプーが販売されています。シャンプーを出している会社が独自に開発したものを宣伝し販売していますが、サロン専売シャンプーと市販のシャンプーの違いを知っていますか?                         この違いを意外と知らない方も多いので今回ご紹介してみようと思います!

 

bigami_esthe11

市販のシャンプー

  • 泡立ちがとても良くクリーミーな泡が出来る
  • 指通りがとても良く使いやすい
  • 香りがしっかりとついていて良い
  • 値段が比較的安い
  • 容器のデザインも色々なバリエーションがある

といった傾向があります。このような市販のシャンプーは【使い心地の良さ】を中心に作られているものが多く一度使っただけで手触りなどの変化感じやすいのも特徴です。

 

市販のシャンプーのデメリット

しかし、このような特徴だけ見ると良いように見えますが、その反面、デメリットも存在します。

  • カラーやパーマがかかりにくくなる
  • ヘアカラーが落ちやすくなる
  • 洗浄力が強いものが多く、髪が傷む場合がある

 

サロン専売のシャンプー

一方、サロン専売シャンプーとして知られているものの特徴はこのよな傾向があります。

  • ダメージを進行させない
  • 髪や肌に良い成分が配合されているものが多い
  • 髪や肌にやさしい、適度な泡立ち・使い心地
  • カラーやパーマの持ちを良くする
  • ナチュラル志向

デメリットは市販のシャンプーに比べて価格が高いということだけだと思います。

 

他にも知っておきたい特徴が二つあります。洗浄成分が違うという事です。市販のシャンプーは販売価格を軽減するために、使用している洗浄成分を安いとされる界面活性剤が使用されています。この中でも、

  • ラウリル
  • 硫酸

がついたものは洗浄成分が強すぎる為、頭皮や髪にダメージを与えてしまう可能性があります。

 

一方、サロン専売シャンプーの洗浄成分は高価な洗浄成分をしようしている事が多く、髪や肌や頭皮に優しくなっています。その結果製造コストがかかり市販のシャンプーと比べると高くなっているのです。

また、最近では市販シャンプーでも「ノンシリコン・シャンプー」と呼ばれるものが多く出ていますね。シリコンが悪いものとされている話ありますが、シリコン自体の安全性に問題があるということではなく、非常に油分の強いものなので、毛穴につまってしまう可能性が高く、毛髪の健全な環境を損なうことから、このような事が言われています。

また、その中でも“高分子シリコン”と呼ばれるものはコーティング力が強く、指通りとツヤを良くしますが、長期間使用し続けることで蓄積するとカラーやパーマの阻害原因になる可能性がでてきますので注意が必要です。

サロン専売シャンプーにもシリコン系の原料がつかわれている事がありますが、水溶性のものが多いので、しっかりと洗い流す事で髪に蓄積する事もなく、安全に使用できます。シリコンと書かれず、ジメチコンと書かれている場合もあります。

せっかく時間とお金をかけてされたカラーやパーマやヘアデザインはきれいに保ちたいものです。そして年齢を重ねても健やかな髪をずっとキープするために、値段だけではなく、特徴や成分をしっかり知った上で自分の髪に合った良いシャンプーを選ぶことが大切だと思います😊