食生活から健康寿命を高める為に

3C73BC1C-4450-493D-AC3F-9F9E8B17CC7C

皆さん、こんにちは。渡辺です😌

今日から3月が始まりました!本来なら春の近付きを喜ぶべきですが、連日ニュースで放送されているコロナウイルスが早く終わりに向かえばと思います。

今回は、脳卒中や心筋梗塞、がんなどのリスクを減らし、健康を維持したまま長生きするには、どのような食事をすべきなのか。

まず、結論からいいますと

①魚、野菜と果物、茶色い炭水化物、オリーブオイル、ナッツ類は食べた方が良い(フルーツジュース、じゃがいもは含まず)

②赤い肉、白い炭水化物、バターなど飽和脂肪酸は食べない方が良い

③茶色い炭水化物は食べよう

④意外に赤い肉は体に悪かった

⑤成分信仰に惑わされるな

茶色い炭水化物とは…玄米、そば、全粒粉のパン

白い炭水化物とは…白米、パスタ、小麦粉の白いパン

全粒粉は、小麦まるごとを粉状にしたもの。小麦粉との違いは、お米でいうところの精米と玄米と同じようなイメージというと、わかりやすいでしょう。見慣れている小麦粉は白色ですが、殻まで粉砕しているので全粒粉は茶褐色です。

803B6229-D297-4536-B084-EC300D437262

玄米は糖尿病、心筋梗塞を予防

白米はビタミンや食物繊維が損なわれ、砂糖を食べているようなもの。糖尿病のリスク

AA5201D2-9DF6-4956-9D50-7032F0057F8A

炭水化物とは

体に良くない糖質+体に良い食物繊維

食物繊維を極限まで減らしたものが砂糖

炭水化物を抜くのではなく、茶色い炭水化物に置き換える

赤身肉、加工肉は体に悪い

牛肉、豚肉は全て赤身肉

ハムやソーセージは加工肉

どちらも発がん性がある

世界保健機関WHOガン専門研究チームが

赤身肉な大腸がんのリスクと脳卒中、心筋梗塞の原因になると発表しています。

牛肉や加工肉を完全に断つのではなく、食べる頻度を減らしましょう。

逆に魚と白い肉(鶏肉)は、赤身肉の置き換えに最適な食材です。

成分単体には意味がない

・例①  βカロチン

以前はその成分だけが良さそうなイメージ

本当に体に良いのは緑黄色野菜という『食品』であり、βカロチンという成分単体ではない。

また、成分単体のサプリにより、脳出血やがんを引き起こすリスクが高まります。

毎日のニュースでコロナウイルスの感染者が世界中で日に日に増えているな中、私たちができることは、手洗いうがいや人混みに行かない事などありますが、普段から体の免疫力を高めておくこともコロナウイルスに限らずインフルエンザや風邪などにも有効だと思います。

適当な運動、睡眠、そして正しい食生活を今こそ見直してみてはいかがでしょうか?