頭皮の乾燥の原因は?

5610E4FB-BFC6-4B79-8906-525EF812E715

皆さま、こんにちは。

いよいよ今年も残り10日となりました。いや、本当に1年あっという間ですね。

皆さまにとっての令和元年はいかがでしたか?

さて、室内でエアコンの暖房を使うことが多くなり最近お客様で多い頭皮がこちらの様な頭皮です。

664A154E-583F-4163-B938-C3E05FB33562

頭皮に若干赤味があり、毛穴の周りに白く薄くて細かい角質が剥がれている状態です。

頭皮が乾燥する原因は、日頃の習慣にあります。まずは、頭皮乾燥を招いてしまうNG行動がないか、さっそくチェックしてみましょう😌

 

冷暖房の効いた部屋に長時間いる

冷暖房によって、室内の空気は思った以上に乾燥しているもの。長時間冷暖房の効いた室内にいると肌が乾燥するのと同様に、頭皮の水分も失われていきます。特に冬場はただでさえ乾燥しているのに、暖房をつけることでさらに乾燥してしまうため、頭皮の乾燥も進行しやすくなります。

洗浄力の強いシャンプーをしている

フケやかゆみが気になるからといって、1日に何回もシャンプーをしていたり、乾燥気味な方が洗浄力の強いシャンプー剤を使うと頭皮の保湿に必要な分の皮脂まで失われて、余計に頭皮の乾燥を招いてしまいます。

40度以上のシャワーで髪を流している

シャワーの温度が熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮が乾燥する原因につながります。

髪をきちんと乾かしていない

頭皮が濡れたままでいると、雑菌が繁殖しやすい状態に。雑菌が繁殖すると、頭皮のターンオーバーが正常に行われなくなり、頭皮の乾燥が起きやすくなります。

ストレスによる頭皮の乾燥

ストレスが頭皮の乾燥に影響するの?と思う方もいらっしゃいますよね。ストレスがなぜ影響してくるのかと言うと、ストレスを受けることによって交感神経が緊張し、血管が収縮して血行不良を起こし、頭皮へ栄養が行き届かなくなるためです。そうなると、新陳代謝も正常な状態ではなくなるので、頭皮の再生に支障がおき、乾燥に繋がってくるというわけです。

また、頭を使う仕事や、緊張した状態が続く生活は、脳神経に影響を及ぼし、頭皮環境を悪くするとも言われています。ストレスは健康だけでなく、頭皮にも大敵ですね。

食生活の乱れ

頭皮は、食事の中で摂取した栄養素が血液中から運ばれることで健康な状態を保てるため、食生活が乱れてしまうと、頭皮の乾燥を招く原因となります。

ここから、頭皮の状態を良くするために、シャンプーの洗い方や髪の乾かし方、食生活など、今日からできる頭皮の乾燥対策をご紹介します。

 

 

○シャンプー時に気をつけたいこと

シャンプー時は頭皮の乾燥につながりやすい要因が多いもの。頭皮の乾燥を防ぐには下記の3つのポイントを意識しましょう。

【POINT1】低刺激のシャンプーを選ぶ

頭皮が乾燥している時は、頭皮への刺激をなるべく抑えたいもの。低刺激のシャンプーをチョイスして、乾燥で敏感になっている頭皮をやさしく洗い上げましょう。

美髪クリニックではこちらのシャンプーを使用しております。

濃密泡で洗うグランブレンドシャンプーで大人女性が喜ぶハリ・ツヤのある美髪へ

【POINT2】指の腹を頭皮にあてて洗う

シャンプーは直接地肌につけず、手のひらにとって泡立て、指の腹を頭皮にあてて洗うように心がけましょう。爪を立ててゴシゴシと洗うと、頭皮が傷ついてしまい、炎症が起きたり、ヘアケア製品による刺激を受けやすくなるなど、頭皮乾燥の原因になるので注意しましょう。

【POINT3】お湯の温度は約38度を目安に、しっかりすすぐ

すすぎが足りないと頭皮にシャンプーや汚れが残り、頭皮の乾燥につながります。3分間ほどかけて、しっかり洗い流しましょう。また、髪をすすぐ時のお湯の温度は、38度程度のぬるま湯に。少しぬるいと感じるくらいが、頭皮にはおすすめです。

 

○ドライヤーの長時間の使用はNG!髪を乾かす時のポイント

髪を乾かす時に気をつけたいのは、乾燥を招く原因となるドライヤーのかけ方。温風を頭皮に当てる時間や、頭皮の距離を意識しながら、髪を乾かしましょう。

【POINT1】タオルドライでドライヤーの時間を短縮

タオルドライをして水気をふき取ることで、ドライヤーの時間が短縮でき、熱による頭皮のダメージを抑えられます。

【POINT2】ドライヤーは、髪から10センチ以上離す

ドライヤーは、髪から10センチ(親指と人差し指を軽く広げた程度)以上離して使うことを心がけて。また同じ箇所に長時間熱を当てないように注意しましょう。

○頭皮を保湿するアイテムと血行を促し、皮脂分泌をUPさせる頭皮マッサージ

頭皮の血行促進&皮脂の分泌を高めるために、頭皮マッサージを行うのも効果的です。しっかり湯舟につかって身体を温めてから、頭皮にうるおいを与えるようななどを使って行いましょう。その際に頭皮を保湿するためのローションなどを使って頂くとより効果が高くなります。

美髪クリニックではこちらの商品を使用しております。

アジュバンの頭皮用ローション・リ:エミサリーローションで健やかな頭皮環境に*

○健やかな頭皮をつくる為のおすすめの食品&食材

毎日のヘアケアと合わせて、バランスのいい食生活を心がけることも健やかな頭皮づくりに欠かせない要素です。健康的な頭皮をつくる「ターンオーバー(肌の生まれ変わり)」、「血行促進」に働きかける食品・食材をご紹介します。これらを使ったバランスのいい食事を心がけることで、頭皮の乾燥が改善され、健康的な毛髪が生まれます。

頭皮のターンオーバーを促す食品&食材

●ビタミンA…牛乳・乳製品、卵、鶏レバー、あんこう肝、うなぎ蒲焼、銀だら、ほたるいか
●カロテン(α・β)…にんじん、あしたば、モロヘイヤ、ほうれん草、西洋かぼちゃ、小松菜、大葉、パセリ、にら、ブロッコリーなどの緑黄色野菜
●β-クリプトキサンチン…温州みかん、干し柿、ポンカン、オレンジ、グレープフルーツ、干し柿、ポンカン

頭皮の血行を促す食品&食材

●ビタミンE…アーモンド、うなぎ蒲焼、はまち、マトン、モロヘイヤ、西洋かぼちゃ、ほうれん草、アボカド、ヘーゼルナッツ、植物油(ひまわり油、綿実油、米ぬか油、紅花油、大豆油、コーン油、菜種油、オリーブ油)
●ビタミンP…みかん・オレンジ・レモン・グレープフルーツなどの柑橘類の内皮の薄皮、あんず、さくらんぼ、そば粉、そば茶、日本そば(そば湯も)
●ビタミンC…ピーマン(赤・黄)、ブロッコリー、芽キャベツ、カリフラワー、パセリ、ゴーヤ、高菜、大根葉、すぐき菜、しし唐辛子、京菜、からし菜、ケール、レッドキャベツ、さやえんどう、れんこん、じゃが芋、さつま芋、里芋、アセロラ、いちご、いよ柑、温州みかん、柿、ネーブル、はっさく、キウイフルーツ、グァバ、グレープフルーツ、パパイア、レモン などです。

 

毎日のケアやアイテムを見直すだけで、頭皮の乾燥は改善されていきますよ。ぜひ参考にして頂き、この冬を乾燥知らずの頭皮で乗り切りましょう😊