ヘナで美髮育🌿

B23CBDDE-9CC1-4F25-9166-8952C0B064AF

こんにちは、渡辺です!

とうとう8月、梅雨も明け夏本番☀️ですね!

今年の旅行は難しいですが、くれぐれも熱中症にはお気をつけください。

最近美髮クリニックではヘナお問い合わせが多いので、改めてご紹介させていただきます。

ヘナとはミソハギ科の

「ローソニア イネルミス」で、

和名は「指甲花 しこうか

英名は「Henna ヘナ

インド名は「Mehendi メヘンディ

主にインド、ネパール、パキスタンが産地で3年かけて成長します。

7EFCF24E-776D-4CE1-B679-CC4976E715D7

この様な葉をつけます。

ヘナに含まれるローソン(ローソニア・アルバ)には

・殺菌、抗炎症、止血作用という薬草効果

・肝臓の毒素をデトックス

・睡眠が深くなる

・ヘナの葉に含まれるナフトキンが子宮の働きを整え、生理不順を効果

など体内の毒素などをデトックスする働きと、毛髪に対しては

・キューティクルを補修、髪内部の保水力を整える

・ハリコシ、ボリュームアップ

・うねり、ジリつき(エイジング毛)

・パサつき、表面の切れ毛

ヘナの葉に含まれる成分のβシトステロールとローソンは、頭皮の毛穴から血管を通って脳に伝わりホルモンバランスを整え、さらにβシトステロールとナフトキンという成分には体内の老廃物や重金属を排出する働きがあります。この重金属もデトックスできず体内に溜まっていくと細毛や抜け毛などの原因になります。こちらは次回詳しくお話しします。

美髮クリニックで使用しているヘナは国際有機認定機関より「ECOCERTエコサート」の認定を受けています。これは世界基準のオーガニック認証団体です。

白髪の原因として、加齢や生活習慣、ストレス、紫外線、ヘアカラーによる頭皮ダメージなど活性酸素による色素の破壊、色素を生み出すための栄養と酸素不足、など様々な要因で、メラニン色素を作り出せなくなってしまいます。

頭皮や毛髪に問題が今はない方も、健康的な頭皮と美しい髪を保つために

「ヘナで美髮育」をオススメします。

「髪は血餘」といわれ、栄養の循環と老廃物の回収と除去。毛髪はその人自身の生命力や健康状態、精神状態、栄養状態が反映される「象徴」とされています。

一度、何もしていなかった頃の髪を思い出してみて下さい。

パッと思い出せましたか?もしかしたら、20年前、30年前、それ以上の方もいるかもしれません。

色々なお悩みがあったかもしれませんが、その頃の髪にはツヤやコシがあったはずです。

それが自然な「素材美」です。

普通の美容室ではお気に入りのアクセサリーやファッションを纏うように、ヘアカラーやパーマの施術を提案します。トリートメントでダメージ補修といいますが表面をシリコーンでコーティングするだけです。

髪本来の姿を取り戻し、ひとつの大切な器官としての役割を復元させるためのヘアケアが今こそ必要なのではないでしょうか?

ヘナにご興味や質問等ございましたら、直接サロンまでお問い合わせいただけたら幸いです。

それでは暑さとコロナに負けず、8月も頑張りましょう(^^)