若々しい目元のポイントは「ミューラー筋」にあり!目に良い習慣を身に付けて♡

181130_granbeauty_bn_memoto

まぶたが垂れてなんだか老け顔に…。目元は老化が出やすく、状態によっては顔の印象も大きく変わりますよね。実はまぶたのたるみは見た目だけでなく私たちのからだの中にも影響を与えるんです!

今回はまぶたの要である「ミューラー筋」についてお話します。

 

1

 

そもそもミューラー筋とは?

交感神経に影響されるミューラー筋

ミューラー筋はまぶたの裏側にある筋肉で、表情筋と違って交感神経によって働きます。つまり表情筋と違って自力で鍛えることができない筋肉なんです。ミューラー筋は、

  • 加齢
  • 目をこする・アイメイクなどの刺激
  • 上目づかいなどでミューラー筋を長時間緊張させる

などが原因で衰えていき、まぶたの”たるみ”が現れます。

 

2

 

また、ミューラー筋が正常に働いていれば、目を閉じると副交感神経が活発化・目を開けると交感神経が活発化し、健康的な状態に導いてくれます。

一方、ミューラー筋が伸びきってしまうと自律神経の緊張状態が続き、

  • 便秘
  • 冷え症
  • 体調不良
  • 不眠
  • 疲労

などを引き起こす場合があるんです。

 

3

 

ミューラー筋を衰えさせない習慣を身に付けよう♪

ミューラー筋は鍛えることのできない筋肉なので、普段の生活の中で少しでも刺激や負担を軽減させることがポイントになります。ポイントを押さえてまぶたのたるみや自律神経を正常化させていきましょう!

 

4

 

ポイント① まぶたをなるべく擦らない

ミューラー筋に刺激を与えないための基本中の基本。日常生活で目を擦らないのはなかなか難しいですよね。でも、まぶたを擦って二重になった経験はありませんか? それはミューラー筋が衰えてる証拠です! ぐっと我慢しましょう。

 

スキンケアでの注意点

  • 洗顔の際は絶対にゴシゴシこすらない
  • メイク落としは、クレンジング剤を馴染ませてコットンでやさしく拭き取る
  • 化粧水などのスキンケアは、指先でやさしく叩くように馴染ませる

 

5

 

ポイント② 上目づかいをなるべくしない

実はミューラー筋を一番良く使うのが「上目づかい」なんです。上目づかいはミューラー筋を緊張させることから、どうしても伸びやすくなってしまいます。テレビやパソコンモニターの位置に気を付けてみましょう。

 

6

 

ポイント③ パソコンやスマートフォンを長時間使う場合は休憩を挟む

眼精疲労は若々しい目元の大敵! 目が疲れると副交感神経が作用してまぶたが重くなり、まぶたを擦ってしまいますよね。パソコンなどを長時間使用する場合は一時間に一回5分程度休憩を挟むようにしてください。たった5分でも目への負担はぐっと軽減されるんですよ♪

 

7

 

まとめ

いかがでしたか? ミューラー筋は見た目だけではなく、からだの内側にも大きく影響を与えます。今日からミューラー筋を意識して見た目も中身も若々しさを手に入れてみませんか? ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

参考文献:「老けないオーガニック」