お口の健康は若さの秘訣! 年齢を重ねたらお口のケアを見直そう♪

181126_granbeauty_アイキャッチ_歯磨き_坂本

年齢を重ねるとお口のトラブルが増えてきませんか? 口臭や虫歯・歯周病など…。お口の中はお肌やからだと一緒で加齢によって変化し、様々なトラブルが出てきます。でも、お口の中も正しいお手入れをしていればトラブルに見舞われることはありません!

今日は加齢に伴うお口のケアについてお話します。

 

1

 

年齢とともに増えるお口のトラブルとは

お口の中は虫歯などで傷みが出ない限り放ってしまいがちですよね。しかし、正しいケアをしていないと、いつの間にか深刻な状態に陥っている場合があるんです! 特に「食べ物の残りカス」をきちんと取り除いておかないと、歯の汚れである「歯垢」が溜まり、

  • 歯石ができる
  • 歯茎に炎症が起こる
  • 歯茎から出血する
  • 口臭の原因になる
  • 虫歯の原因になる

など、様々なトラブルを引き起こします。

 

2

 

年齢とともに変わるお口の中の環境

お口の中で年齢によって変化するものは色々あります。お口のトラブルの主な原因は以下の通りです。

 

歯茎が下がり、歯と歯茎の間に隙間ができる

食べカスが隙間に入り、歯垢ができやすくなる

 

唾液の分泌量が減ってくる

口の中の食べ物を消化する力が低下し、細菌が繁殖しやすくなる

 

年齢に合わせて正しいお口のケアをしよう

年齢を重ねると、お口の中の環境は知らず知らずのうちに変化していきます。

  • 口臭が気になる
  • 歯茎から出血がある
  • 食べ物が歯に挟まりやすくなってきた

などは、お口のトラブルのサイン! 年齢に合わせたケアを心がければ歯医者さんに行かなくても自宅で充分改善できますので、一度お口のケアについて見直してみてくださいね♪

 

3

 

毎日のケアでトラブルに負けないお口の環境を!ポイント5選

皆さんはいつもどんなお口のケアを行っていますか? ここでは正しいお口のケアを確認してみましょう!

 

4

 

ポイント①歯磨きは食後30分経ってから!

食後のお口の中は食べ物の影響で酸性になっています。歯の表面のエナメル質は酸性の影響を受け、一時的に柔らかくもろい状態になってるんです。この状態で歯磨きをするとかえって歯を傷つけてしまうことも…。

お口のph値は時間が経つと正常化します。それが30分後です。食事を摂った後は、少し時間を置いて歯磨きをしましょう♪

 

ポイント②歯磨きは食後の3回と就寝前に

朝昼晩の食後に歯磨きをするのがベストですが、特に重要なのが寝る前。睡眠中はお口の中も休んでいて、唾液の分泌が少なくなります。つまりお口の中は1日の中で最も無防備になり、細菌が繁殖しやすくなるんです。食べカスは細菌の大好物! 睡眠前は丁寧に取り除いておきましょう。

 

5

 

ポイント③擦り過ぎに注意! 歯磨きはやさしい力で

「汚れをしっかり落としたい!」そう思って歯を磨く手に力は入っていませんか? 歯をゴシゴシ擦り過ぎると歯を傷つけてしまっているかもしれません。また、歯磨きペーストには汚れを落とすための研磨剤が入ってるものが多いので、より歯を傷つけてしまい知覚過敏の原因にもなります。

歯を磨くときにオススメなのは、研磨剤不使用の歯磨きペーストや液体のものを使うこと。着色汚れが気になる場合は、部分的に研磨剤入りの歯磨きペーストで優しく磨きましょう♪

 

ポイント④歯磨きの仕上げにフロスや歯間ブラシを

歯の隙間は年齢とともにできていきます。歯ブラシでは届かない歯の隙間の汚れには、フロスや歯間ブラシを使って取り除きましょう。歯の隙間には個人差があるので、自分に合ったアイテムを見つけるのがポイントです。

特に歯間ブラシはサイズには注意を! 歯の隙間よりも大きいブラシは歯茎を傷つけてしまう場合があります。力を入れなくても隙間に入るサイズのブラシを選びましょう。

 

6

 

ポイント⑤噛む習慣を身に付けて唾液の分泌を促そう

加齢によって唾液の分泌量は減っていくので「あること」をして唾液の分泌を促す必要があります。それは「噛むこと」! 噛む動作は口の奥にある唾液腺を刺激して分泌を促してくれます。

  • 食事の際はしっかり噛んで食べる
  • ガムを噛む

など、日常的に噛む回数を増やしてみましょう。食べ物を口に入れなくても口を閉じて軽く噛む動作を繰り替えしてみるとじんわりと唾液が出てくるのが分かりますよ♡

 

まとめ

いかがでしたか? お肌のケアもそうですが、お口の中のケアも年齢に合わせて変えていく必要があることが分かりましたね。年齢を重ねていくとさまざまなトラブルが出てきますが、きちんとケアをすれば防ぐことが可能です。今日からぜひ試してみてくださいね!

 

▼関連記事

白く健康な歯になれる♪ ホームメンテナンスの新習慣「Polish(ポリッシュ)」をご紹介☆

 

参考文献:「老けないオーガニック」