健康で美しい髪にするために…!シャンプーのプロセス<その2>

180830_granbeauty_shampooprocess_2

前回の記事で「予洗いが重要!」であることをお伝えしましたが、今回はその続きです。しっかりと予洗いしたあと、効果的にシャンプーする方法をお伝えしますね!

 

③頭皮をマッサージ洗いする

頭皮を意識する

前回はしっかりと泡立てるところまでご紹介しましたが、泡立てただけで終わりではないんです!ポイントは、“髪の毛をキレイにする”よりも“頭皮をキレイにする”ことを意識すること。指の腹を使ってマッサージするようにこまかく動かしてください♪

 

1

 

3つに分けて洗う

ただ頭皮を洗うのではなく、3つのゾーンに分けて洗うイメージで行うのが効果的! 順番にご紹介しますね。

 

①もみあげ~おでこの生え際

もみあげに指を差し込み、おでこの生え際に向かって指をジグザグ動かします。

 

②耳の周辺~頭頂部

耳の上に指を差し込み、頭頂部に向かいます。

 

③耳の後ろ~後頭部

えりあしも忘れずマッサージ洗いし、最後にもう一度頭頂部を洗います。

 

えりあしは洗い忘れる人が多く、ニオイの原因になりやすい場所。洗い忘れなく、頭皮全体をマッサージするように洗ってくださいね!

 

2

 

強く洗わない

髪の毛は根本~毛先に向かって泡をなじませればOK! こすったりもみ洗いすると髪が傷んでしまうのでやめましょう。ゾーン洗い・髪の洗浄ができればシャンプーは完了です。

 

流す

シャンプーの後はしっかりすすぎましょう! 泡が見えなくても残っている可能性があるので、2~3分かけてすすぐと良いですよ♪ すすぎ方にもポイントがあります。

 

①髪の根元~毛先に向かってシャワーを流す

こうすればキューティクルを傷めにくくなります!

 

②こすったり摩擦を与えたりしない

お湯の流れに逆らわず、優しくしましょう。

 

③仕上げはシャワーヘッドを密着

シャワーヘッドを頭皮に密着すると、毛穴のまわりに残ったシャンプーを流し切ることができます。

 

3

 

他にも生え際、えりあし、耳の周辺はシャンプーが残りにくい場所です。洗い残しのないようにしっかりとすすぎましょう♪

 

<おまけ> 夜シャンプーのメリット

シャンプーは夜にする方が効果的!

シャンプーは朝派という方もいらっしゃいますが、シャンプーは夜にした方が効果的! 寝ているときは髪が成長する時間。頭皮と髪の汚れをキレイに落としてから寝ることによって、髪の成長を邪魔せず健康な状態で成長させることができるんです。

 

1日の汚れはその日のうちにリセット

髪を健康に保つために必要なシャンプーは寝る前に済ませ、健康状態で明日を迎えましょう。シャンプーをすることによって頭皮の血行が良くなれば、成長ホルモンを更に促す効果も期待できます。

仮に朝にシャンプーする場合でも、夜のうちにブラッシングをして、せめて頭皮の汚れだけは落としておくのがおすすめです!

 

4

 

まとめ

2回にわたって予洗い・シャンプーのやり方をご紹介しましたが、いかがでしたか? やり方を少し変えるだけで、美髪に一歩近づきます。健康でキレイな髪を維持するためにも、シャンプーをする時に意識してみてくださいね!

 

▼関連記事

健康で美しい髪にするために…!シャンプーのプロセス<その1>

 

参考文献:「美髪ケアの基本」