お肌にいいだけじゃない?髪のゴールデンタイムで美髪も育てる!

髪のゴールデンタイム

「美肌を守るには22時~2時のゴールデンタイムに睡眠をとることが大切!」というのをよく耳にしますよね。その時間帯に睡眠をとることで成長ホルモンが多く分泌され、肌の再生やターンオーバーを促す効果があると言われています。

 

1

 

実はこのゴールデンタイム、お肌だけじゃなく美髪を育てるのにも最適な時間帯なんです! 今回は、ゴールデンタイムの睡眠と髪の成長について、ご紹介していきます♪

 

なぜ22時~2時がゴールデンタイムなの?

2

 

髪の毛の成長でとても重要な部分は、毛穴の奥にある毛母細胞。毛母細胞とは、

毛根の付け根から栄養素や酸素を受け取り、細胞分裂しながら髪の毛を作り出している細胞のこと。

毛母細胞による細胞分裂は、ゴールデンタイムといわれる22時~2時の睡眠中に最も活発に行われおり、日中に受けた頭皮のダメージを修復したり、健康な髪を生み出すなどの働きをしています。

また、たんぱく質から合成されるケラチンという髪の主成分も、睡眠中の22時~2時の間に活発に合成されているんです。

 

ゴールデンタイムは髪にどんな影響を与えるの?

3

 

睡眠が不十分になると、髪のツヤや潤いが損なわれ、老けて見えるなんてことも…。22時~2時のゴールデンタイムにしっかりと睡眠をとることで、細胞が髪のダメージを修復し、健康な髪を保ってくれます。また、髪に栄養素が行きわたりやすい時間帯でもあるので、弾力やコシのある髪をキープするのにも役立ちますよ♡

 

上質な睡眠をとるためには?

せっかくゴールデンタイムに眠るなら、ぐっすりと質のいい睡眠を取りたいですよね♪

 

食事は寝る3~4時間前に!

4

 

お腹がいっぱいになると眠くなる方もいるかもしれませんが、食後は胃腸が消化活動を行っているので上質で深い眠りにはつながりません。できれば、消化活動が落ち着く食後3~4時間後に就寝するのがおすすめです。22時に寝るとしたら19時には食事を終えたいところです。

ですが仕事をしている女性にはなかなか難しいスケジュールかも…。そんなときは夕食の量を少し減らしてみたり、お休みの日に行うなど、無理をせず試してみてくださいね。

 

お風呂で心とからだをリラックス!

5

 

いい睡眠をとるためには、体温の変化がとても重要です。人間は眠るときに体温を少しずつ下げるので、お風呂で体温を上げておくことで寝つきがよくなり深い眠りにつきやすくなるんです。

だからといって熱すぎるお風呂に入るのは×! 40度程度のお風呂にゆったり浸かって、リラックスしたバスタイムを楽しみましょう♪

 

寝る前の軽いストレッチで緊張を緩和!

6

 

寝る前に5~10分のストレッチを行いからだの体温を少し上げることも、質のいい睡眠につながります。ストレッチをすることで筋肉を柔軟にし、血流を良くして、からだや神経の緊張を緩和しましょう!

仰向けに寝た状態で指先を頭の上に、つま先は下に思いっきり伸ばすだけでも十分なストレッチになりますよ。

 

これはNG! 寝る前に避けたい行動

寝る前に行うことで、寝つきが悪くなったり深い眠りを邪魔してしまう行動もあります!

 

寝る前のお酒やカフェインは控えて!

7

 

カフェインが寝つきを悪くするのはご存知ですよね。コーヒー・紅茶・ココア・栄養ドリンクなどに含まれるカフェインには覚醒作用があり、入眠の妨げになります。お酒は飲んだ後眠くなる効果がありますが、実は一時的なもの。眠りが浅くなったり、寝ている途中で何度も目が覚めてしまうなど、上質な睡眠にはつながりません。

 

パソコンやスマホのブルーライトは快眠の敵!

8

 

寝る直前やベッドの中でも、ついついスマホを見てしまうことってありますよね。ですが、パソコンやスマホのブルーライトは、快眠を妨げる要因なんです。ブルーライトを浴びることで脳が興奮状態になり、目が冴えてしまうことも…。

上質な睡眠のためにはなるべく早めにスマホを置き、脳がリラックスした状態で眠りに入れるよう意識してみてくださいね。

 

まとめ

お肌のゴールデンタイムといわれる22時~2時は、髪にとっても大切な時間です。上質な睡眠をしっかり取って、美しい髪を育てていきましょう♪

 

▼関連記事

髪を育てるためには睡眠が重要?! 髪を成長させる時間帯とは?

 

参考文献:「美髪ケアの基本」