髪を傷めないドライヤーのかけ方♪ ちょっとの工夫で美髪の仕上がりに♡

180907_granbeauty_9dryer2

髪をきちんと乾かすと、髪にダメージを受けにくくしたり、スタイリングしやすい髪質にすることができます。しかしやり方を間違えると逆に髪を傷つけたり、広がりやすい髪になることも…。

今回は少しの工夫で美髪に仕上げることができる「ドライヤーのかけ方」をご紹介します♪

 

1

 

髪を傷めやすいドライヤーのかけ方

皆さんはいつもどんなふうにドライヤーをかけていますか?

  • 髪をゴシゴシと擦って、ドライヤーを振り乱しながらあてる
  • 一か所に集中してドライヤーをかける

これらは確かに早く乾く方法ですが、摩擦や熱で髪が傷ついてしまいます! できれば今すぐやめましょう!

 

髪に優しいドライヤーのかけ方

髪を傷めないドライヤーのかけ方をご紹介します♪ まずポイントになるのがドライヤー前の「タオルドライ」です。

 

タオルドライで、あらかじめ水分を拭きとる

びしょびしょに塗れている髪にいきなりドライヤーをあてても、乾きずらく時間がかかりますよね。タオルドライをきちんと行うと、乾きが早いだけでなく髪を傷つけにくくするのです!

 

2

 

ポイント

  • 髪に押し当てるようにタオルで水分を吸着させる
  • 髪をかき分けて頭皮の水分もしっかり拭き取る

髪が濡れているときは、髪の表面を覆っているキューティクルが開いて傷つきやすい状態。タオルドライを丁寧に行うとダメージを最小限に防ぐことができるので、髪の水分はあらかじめタオルでしっかりと拭き取っておきましょう。

 

まずは髪の根元から乾かす

髪の表面や毛先は比較的乾かしやすいのですが、根元は隠れがちなのでドライヤーの風があたりにくくなっています。髪をかき分け、根元に向かってドライヤーの風をあてるようにしましょう。髪全体に風があたり、直接当てなくても乾いていきますよ♪

 

3

 

ポイント

  • ドライヤーの風を一か所にあて続けない

髪を乾かすことで開いていたキューティクルを閉じ、滑らかな指通りにすることができるドライヤー。しかし長時間当て続けると、熱と乾燥でダメージを受けてしまいます。

髪の根元は頭皮です。頭皮にとって熱と乾燥は大敵なので、ドライヤーは常に動かすようにしましょう。「熱い!」と感じるまでドライヤーをあてるのはNGです!

 

乾かしにくい場所を優先的にあてる

髪を乾かすときに一番ネックなのは後頭部です。髪をかき分けにくいのでドライヤーをかけにくいですよね。でも髪がきちんと乾かせていないと、後で髪が広がったりスタイリングが崩れてしまいます。後頭部をしっかり乾かすことを忘れないようにしましょう♪

 

ポイント

  • 頭を下げて上からドライヤーをあてる

後頭部はドライヤーをかけにくいので、頭を下げて髪をしっかりかき上げて上からドライヤーをあてましょう。髪をかき分けやすくなるので後頭部に風があたりやすくなりますよ♡

 

少し長めにドライヤーをかける

「そろそろいいかな。」と思ってすぐやめるのではなく、そこからさらにドライヤーをあて続けましょう。少し長めにドライヤーをかけると熱により髪のたんぱく質がしっかりとくっつき、なめらかな手触りになるんです♡

 

4

 

ポイント

  • 手ぐしやブラシで髪を梳きながらドライヤーをかける

髪のもつれを修正し、根元から毛先まで整った髪に仕上がります。慣れてくるとサロンで行うブロー並みの仕上がりも期待できます!

 

美髪アイテムで一つ上のヘアケアを♪

きちんとドライヤーをかけることができれば、自ずとまとまった美しい髪に仕上がります。ダメージ補修をさらに実感したい方は、加えてこちらのアイテムを使ってみてはいかがでしょうか?

 

アウトバストリートメント

タオルドライ後に使用する洗い流さないトリートメントです。ドライヤーの熱から髪を守り、髪に必要な潤いや栄養をしっかりと届けてくれますよ♡

 

▼美髪クリニック GRAN BEAUTY(グランビューティー)おすすめアイテム

美髪のための必須アイテム”アウトバストリートメント”を使っていますか?

 

高機能ドライヤー

ダメージケア機能や温度調節ができる高機能ドライヤーにかえることで、髪の仕上がりが一段と良くなります! いつもと同じようにドライヤーをあてるだけで髪質が変わるなんて嬉しいですよね♪

 

▼美髪クリニック GRAN BEAUTY(グランビューティー)おすすめアイテム

ドライヤーを変えるだけで毎日のお手入れが簡単に! オススメの美髪ドライヤー☆

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? ドライヤーは髪を乾かすだけでなく、髪へのダメージを抑えたり、まとまった髪に仕上げることができる大切なアイテムです。今日からしっかりドライヤーを活用していただけると嬉しいです♪

 

参考文献:「美髪ケアの基本」