薄毛の原因は女性ホルモンの低下にあった!? 規則正しい生活できれいな髪を手に入れよう!

女性ホルモン

年齢を重ねると基礎代謝が低下して太りやすくなったり、肌が乾燥して小じわの原因になったりと色んなトラブルが付き物ですが、実は髪の毛も加齢によって変化するのをご存知ですか?

 

1

 

「ボリュームがなくなり頭頂部がぺっちゃんこ。」

「髪にハリがなくなってセットしづらい…。」

「抜け毛が増えてきた!? 」

などの現象は加齢による女性ホルモンの低下によるものと言われています。今回は女性ホルモンと髪の毛の関係についてお話します!

 

そもそも女性ホルモンとは?

ホルモンは身体の様々な機能を調整するものですが、特に女性ホルモンは成長や新陳代謝、生理のサイクルや妊娠・出産に深く関係している2つのホルモンがあると言われています。

 

2

 

エストロゲン

「美のホルモン」とも呼ばれ、女性らしさを作るホルモン

  • 子宮内膜を厚くし、卵子を育てる
  • 肌の潤いやハリを出す
  • 髪の毛の発達をサポートする
  • 新陳代謝を促して痩せやすい身体にする
  • 骨や血管を丈夫にする
  • 記憶力をアップさせる

 

プロゲステロン

「母のホルモン」とも呼ばれ、妊娠を維持する働きがあるホルモン

  • 子宮内膜をさらに厚くして卵胞の発育を抑制する
  • 皮脂分泌を活発にする
  • 水分を溜め込む作用や新陳代謝を遅らせる

 

この2つのホルモンのバランスが整うことで女性らしさを保ち、妊娠・出産に備えることができるのですが、ストレスや体調の変化で簡単にバランスが崩れてしまいます。

バランスが崩れると肌荒れや体調不良などのトラブルを引き起こす原因になるのです。

 

更年期を迎えるとエストロゲンが低下する!?

40代~60代の閉経の前後5年間を更年期と呼びますが、この更年期に起こる更年期障害はエストロゲンの低下が大きく関わっています。

 

3

出典:http://hormonecare-pj.net/study/change

 

エストロゲンは卵巣の中にある卵子の元(原子卵胞)が成熟する過程で分泌するものですが、30代後半から卵胞の数が減少するためエストロゲンの分泌も減少します。今まで保たれていた女性ホルモンのバランスが崩れ、更年期障害という体調不良が起こるのです。

 

エストロゲンの低下がもたらす髪への影響とは!?

エストロゲンは髪に必要なコラーゲンを増やしたり、新しい髪の毛を作るサポートをする働きがありますが、エストロゲンが減ることで健康な髪の毛が育たなくなり、

  • 抜け毛や薄毛の原因になる
  • 髪にハリやツヤがなくなる

といったトラブルを招くことになるのです。加齢による髪のトラブルは自然の流れということなんですね…。

 

4

 

まだ間に合う? エストロゲンを維持する方法とは!?

このようにエストロゲンは年齢とともに低下していきますが、普段の生活を見直すことで低下を緩やかにすることができます。

髪の毛や肌のトラブルを予防するだけではなく、骨粗しょう症や脂質異常症・動脈硬化・認知症などの病気の予防ができ、更年期を乗り切ることができますので、ぜひ実践してみてください♪

 

バランスの良い食事を心がける

食生活の乱れはからだの乱れと言ってもいいくらい、毎日の食事によって健康は左右されます。偏った食事を摂り続けると女性ホルモンにも影響がありますので、脂っこい食事の摂り過ぎや野菜不足などは気を付けてほしい項目の一つです。

 

大豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きを持っています。豆腐や豆乳・みそ・納豆など気軽に摂れる食品が多いので、積極的に献立に取り入れましょう!

 

5

 

他にもプラセンタやローヤルゼリーが含まれたサプリメントなどを用いることで低下したエストロゲンを手助けしてくれますので、探してみるのもいいかもしれませよ♪

 

ストレスを溜めこまない

ストレスはエストロゲンの大敵です。ウォーキングなどの運動で体を動かしたり、趣味を満喫してストレス発散をしましょう。

 

6

 

体調やその日にあった出来事を日記として記録するのもオススメです。記録として残すことで月経による体調の変化の目安にできますし、客観的に見ることで問題解決やトラブルを未然に防ぐことができます。

 

自律神経を整える

からだのあらゆる機能をつかさどる自律神経が整うことで、ホルモンバランスをケアすることができると言われています。

仕事や家事でバタバタしていると、からだを活動モードにする交感神経が優位になりバランスが乱れてしまいます。疲れてしまうとすぐにでもベッドに入りたいところですが、

  • ゆっくり湯船に浸かる
  • 深呼吸をする
  • 寝る前にストレッチをしてからだをほぐす

こうすることでからだがリラックス状態になり、副交感神経に作用して自律神経のバランスが整いますので、就寝前にリラックスタイムを作ってみてはいかがでしょうか?

 

7

 

まとめ

女性ホルモンと髪の毛の関係をご紹介しました。女性ホルモンによるからだへの影響は誰しも起こりうることで、身近なところから改善することができます。育毛ケアやトリートメントも大切ですが、まずは日常生活を見直して元気な髪に導きましょう♪

 

参考文献:「髪をあきらめない人は、3つの生活習慣をもっている」