インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」の知恵で健康的な日常生活を始めよう!

ayurveda

 

みなさんはアーユルヴェーダという言葉を耳にしたことはありますか?アーユルヴェーダとはインドに伝わる伝統医学のこと。サンスクリット語のアーユス(Ayus:生命・寿命)とヴェーダ(Veda:科学・知識)が組み合わされてできた言葉で、「生命科学」という意味を表わしています。

 

1

 

アーユルヴェーダは健康できれいなからだを作るヒントがたくさんあります! 今回は日常生活に取り入れられるアーユルヴェーダの健康法についてお話します。

 

からだの中にある3つのドーシャを整える

ドーシャとは「体質」「生命エネルギー」のこと。

アーユルヴェーダでは私たちの体の中には「風」「火」「土」に象徴される3つのドーシャ(DOSHA)があると考えられており、それらをバランスよく平均して持つのが理想とされています。ドーシャは体質をはじめ、生活環境や年齢などに影響されて日々変化していきます。

 

be8d4ec6752f99a0c5ad0932defcf3ee_s

 

自分のドーシャの状態に気づかず、いずれかのドーシャが過剰に増えたり減ったりすると体調を崩してしまいます。過剰になりすぎたドーシャをしずめ、崩れたバランスを取り戻そうというのがアーユルヴェーダの考えです。

 

自分の今の状態はどうやって判断するの?

ドーシャの状態は体質や習慣、性格などで判断します。「Ayurveda Life」というサイトでは質問項目にチェックすることでドーシャの状態を診断してくれましたよ。ちなみに私は地と水の水エネルギー「カファ体質」で太りやすい体質のようです。。。

 

2

 

日常生活に健康法を取り入れる

アーユルヴェーダは医療技術の治療・治癒だけでなく、日常生活に取り入れることで健康を最高の状態に保ち、長寿を図ろうとする考えが特徴。何よりも「よりよく生きる」ことを目的としています。

  • 日の出の1時間前には起床し、朝日を浴びて活力に満ちた一日を過ごす
  • 自分が住む場所で採れたものや旬の食材を食べる

といったように、自然の流れで生活し、自然のものを取り入れることが良いとされています。

 

白湯を飲んで老廃物を排出する

アーユルヴェーダでは、体質に合わない食物、食べ過ぎなどで朝までに消化吸収できなかった食物は体内に残ってしまい、それらが体調不良の原因になると考えています。

夜間に溜まった老廃物を排出するためにも、朝起きたらまず白湯を口にするのが良いとされています。

 

3

 

白湯によるからだに嬉しい効果

  • 内臓を温め、血流を良くする
  • 基礎代謝が上がり冷え症の改善や脂肪燃焼に働きかける
  • 肌のくすみを軽減する       

 

アーユルヴェーダといえばシロダーラ

テレビや雑誌で仰向けの人のおでこに油を注いでいるこの姿を見たことはありませんか?これも「シロダーラ」というアーユルヴェーダの健康法の一つなんです。

皮膚から体内にオイルを吸収させることにより、ドーシャの乱れを鎮静させて、バランスを保つことができると考えられています。

 

1400088_a01

出典元:http://kireinosensei.com/1400088/

 

◆白ゴマ油を使って自宅でオイルマッサージをしよう

市販の食用ゴマ油(焙煎していない太白ゴマ油)を使ってマッサージしましょう

  1. ゴマ油を100℃まで温め自然に冷ます
  2. ゴマ油の量は通常のオイルマッサージよりも多い量を使う
  3. それを頭や耳、足などを優しくマッサージする
  4. オイルの浸透時間が必要なので、塗り始めからマッサージ終了まで10分以上かける

マッサージの強さはあまり強くこすらず、気持ちいいと思う強さにしましょう。

 

◆マッサージのポイント

マッサージ前に必ずパッチテストを行う

マッサージを行う前に皮膚の柔らかいところに白ゴマ油を塗り、様子を見てください(パッチテスト)。かゆみや発疹が現れた場合はオリーブオイルやココナッツオイル、頭皮には椿油で代用しましょう。

 

マッサージのタイミングは入浴前

水が肌に浸透していると、オイルを吸収できません。入浴前に行って、からだの隅々までオイルを浸透させましょう。 

 

5

 

時間に余裕があるときは全身マッサージにチャレンジ

お腹や腕、デコルテなど、気になる部位にもマッサージを行いましょう。膝や肩などの関節部はくるくる回すように、直線部分は骨に沿って、お腹は腸の流れに沿って時計回りにマッサージしましょう。

上級者は耳や鼻やお尻の穴など、からだの外と中の出入り口にも塗ってオイルを体内へしっかり浸透させましょう。

 

白ゴマ油でうがいをしよう

白ゴマ油でうがいすることで、舌の裏から栄養を吸収するだけでなく、口の中をキレイにしてくれます。唾液と混ざり合ってサラサラの状態になったらビニール袋やティッシュペーパーに吐き出して捨てましょう。

白湯と同様、寝ている間に溜まった毒素を排出するために、朝の歯磨きの後に行うのが良いとされています。

 

71950707a130767f3bcc8ec2f7d65ef3_s

 

◆うがいによる効果

白ゴマ油に含まれる脂肪分はホルモンの分泌を促し若返り効果をもたらすだけではなく、鉄やビタミンE・B群も多いので次のような効果が期待できます。

  • 白髪・抜け毛の改善
  • 虫歯・口臭・歯周病予防
  • 歯を白くする
  • ほうれい線の改善
  • 美肌効果
  • 脳細胞の活性化
  • 免疫機能の活性化

このことから「奇跡のオイル」とも呼ばれているんですよ♪

 

参考記事:AROUND INDIA 「簡単!自宅でできるアーユルヴェーダ式オイルマッサージ」

 

まとめ

仕事や家事に追われていると、寝る時間がバラバラになったり外食で済ませることが増え、規則正しい生活を保つのは難しいですよね。共通しているのは「朝起きた後にどう過ごすか」ということです。

洗面台に向かうときまずゴマ油でうがいをする、モーニングコーヒーを白湯に変えるといったように、少し工夫をすることでアーユルヴェーダの健康法を取り入れることができます。アーユルヴェーダの健康法、あなたも試してみませんか?

 

参考文献:「エイジレス美女の知恵袋~いつまでも美しいあの人の秘密~」