髪の毛 、ダメージ、広がる、パサパサ、(´エ `) について。

B27E52E8-75C4-4EC7-A9C3-E5187BD4FBC4

季節はすっかり秋ですね(*´ `*)🍁

秋晴れの気持ちいい〜今日この頃。

美髪クリニックでは連日、髪にお悩みの方々がたくさんお越し頂いておりますm(__)m

やはり悲しくなっちゃうのはハイダメージの方。チリチリ…ゴワゴワ…トロトロ…プチッと💦

4E2B535C-BC56-4605-B8B3-678D6A3590CB

お客様は綺麗になりたくてパーマやストレートをしたり、コテで巻いたりします。

美容師もその気持ちに応えたくて一生懸命技術を提供します…。

ではなぜ、髪の毛があんなにもダメージしてしまう方が多いのでしょうか( T_T)。

 

このブログを通して少しでも皆さまの髪の毛のダメージを最小限に出来るようにお伝え出来たらと思います(TT)✨

まず最強ダメージの順番に…

 

★ブリーチ剤によるダメージ

ブリーチ剤は髪の毛の色素だけでなく髪の毛の栄養も艶も保湿成分も全部根こそぎ排除するものなので、オシャレを楽しむためには🆗なのですが、美髪にしたくてももはや週1回栄養入れ続けないとキープ出来ないです。

FA4C9E90-51AC-48F9-9602-31274F42D85A

 

★縮毛矯正(パーマ剤)によるダメージ

縮毛矯正(パーマ剤)も日々進化し、お客様の髪質に合わせて選べる時代です。しかしどんなに傷まない薬剤でもしないよりは必ず傷みます!

縮毛矯正の薬剤は基本的に髪の毛のタンパク質を溶かす成分が入っています。

薬剤選定や放置時間を見誤ったり、繰り返し施術を行う事でビビリ毛となり、濡れると溶けたゴムみたいにトロトロになりますが乾くとヂリヂリのゴワついた手触りになります。こうなるとトリートメントも浸透しにくいので1週間に1回栄養入れて頂く必要があります。

見た目もくせ毛の方がまだましだった!!なんて事にも💦💦

3F1CB7D8-E6EF-4DF9-862F-1B11B2FFCEF6

 

★コテ、アイロンダメージ

コテやアイロンも、どんなに傷まないと言われる高級な遠赤外線のものでも必ず傷みます!

繰り返しすぎると熱によるタンパク変性を起こし髪の毛が硬くなります。

 

★カラー剤によるダメージ

『毎回全頭カラーしてます。』となると傷みますよね。

全頭カラーは半年に1度のイベントくらいにして頂くか、今や本当に傷みがゼロに近いカラー剤も出てきているます。

ちゃんと根元と毛先のカラー剤を分けてもらってますか?

まさか4.5%でワンタッチで…なんてされてませんか( ºΔº )〣??

明るくするカラーにはブリーチ成分必ず入ってます。

その時の発色は良くても1か月しないうちに退色し、髪色はどんどん明るく抜けてパッサパサ〜になりますので充分注意が必要です(TT)。

7E226723-D7AA-4865-AF7B-F8750CC69B2E

 

まずはこの髪の毛が死んでしまう4大ダメージをご理解して頂いた上で…

ダメージを最小限にする事は可能です!!

そこで大切なのが

 

傷みにくい薬剤、傷みにくいアイロン、傷ませない美容師さん!!という事になります(*´ `*)✨

そしてその扱い方を教えてもらう事です✨

美髪クリニックではそれら全ての手助けやアドバイスをさせて頂いております(*´ `*)

お客様一人一人に合わせたメニューをカウンセリングでしっかりオススメしております。

カウンセリングでお時間を頂くのも大事なの事です。

お客様の髪が今なぜそうなっているのかという歴史を知る事から、今後どうなりたいのかそのためにはどうしたらいいのかという未来への希望とアドバイスの時間なのです。

216B133B-5673-44DB-AE4A-97F65835F838

私の望みは、一人でも多くの女性が髪の毛に悩む事なく、自信を持って堂々と楽しい人生を送って頂く事です。

簡単に出来る方にはそんなに??と思われる事かもしれないですが笑。

すごく難しい事なんです笑。

髪の毛が傷むのは一瞬ですが、改善するには時間もお金もかかります。

一つ一つの施術やメニュー選びを大切に髪の毛を美しく守っていきたいですね(*´ `*)💛