冬のカサカサ唇に💋✨安心安全なリップケアを!!

112A53D3-6EDC-449A-BC31-B6EBB3D976DF

冬は常に乾燥と肌荒れで皮膚も痒くなりやすいです。

で、最近気になるのが

唇💋です。

唇💋はすごく敏感でアレルギーの出やすい場所なのですがその理由はご存知ですか?

3BBA44ED-8ED6-496E-8A26-490347A780E2

※『 唇 』

唇は皮膚とは異なり、皮脂膜と角質層が極めて薄いため、元々の水分量が少なく更に水分が蒸発しやすい場所なのです。

更に、肌のターンオーバーは28日と言われますが口はなんと!たったの5日と言われています。

唇の乾燥や荒れは正しいケアで早く治りやすい場所なので、荒れている方は唇を舐めてしまっていないか?肌荒れを起こす口紅を使用していないか?という事に気をつけてケアしてみて下さい(﹡ˆᴗˆ﹡)🧡

 

7FF6893F-B619-4DB9-93EF-28762664AC20

そして、最近は口紅💄も鮮やかな発色のものがたくさん増えてきてワクワク♡もしますが、気になるのは…

その原材料。

口紅💄はリップクリーム同様、つけながら食事をしたり、飲み物を飲んだりしているので、知らないうちに体内に入っているものです。

日本人女性が一生の間に食べてしまう口紅はなんと!『20〜30本分』にもなるそうで、更には唇の皮膚は薄く経皮吸収もしやすい場所です😱💦

百貨店では人気ブランドがトレンドのリップを次々と売り出していますが、

その成分は本当に安全なものなのでしょうか??

一般的な口紅の成分はロウやラノリン、合成香料、防腐剤、酸化防止剤、鉱物油、石油系の合成色素(タール色素)。

実はこれらの成分を摂取すると、免疫力低下、ホルモン分泌異常、ガン、アルツハイマーなどを誘発する可能性があります⚠️

7C588509-E242-430E-8AE6-419458C7C5E7

※ 口紅💄の危険成分⚠️、タール系色素とは?

タール系色素とは、もっとも有毒性があるので危険だと言われています。
口紅の成分で、赤色202号とかの〇色〇号表記を見たことはありませんか?
これらは食品には禁止されていますが、化粧品では使われています
タール系色素は、接触性皮膚炎や皮膚がんの危険性が発表されています。
アレルギー反応を起こしたり、私たちの体を作るエネルギーとして使われるたんぱく質を壊す作用があります。
また、皮膚に浸透すると細胞を壊してしまい、弱くなった表皮は補強のためにメラニンを分散させます。
それがシミの原因となることがあります。

●主な有害化学物質●
油性原料:流動パラフィン
酸化防止剤:エデト酸、エデト酸塩、ジブチルヒドロキシトルエン
着色剤:タール系色素(赤色202号、赤色203号、赤色204号、赤色223号、だいだい色203号など)

 

これらは普通の口紅に必ず配合されている主成分となります。すごく有害な成分が含まれているなんて、そんな…まさか…ですよね(  ˙-˙ ; )💦

今、私達は選べる時代だからこそ

皆さまの大切な身体の事なのですから

ぜひ安心安全なもの選んでみて下さい(﹡ˆᴗˆ﹡)🧡